2011年5月30日月曜日

ナポレオンLite Ver1.13公開しました

ナポレオンライトが長くウィンドウズ7に対応していませんでしたので、


バージョンアップしました。


今回の修正点は7への対応と、スタートボタンの画像変更、特定の

環境下でメッセージパネルがずれる現象を改善しました(おかげで

また少しデザインのバランスがずれてしまったので、これは今後の

修正で対応します)。それと、メニューバーのヘルプの横に、PR欄

を設けさせていただきました。

まだまだ改善点が多くございますので、みなさまのお知恵をいただ

ければ嬉しく思います。

-山するめ





2010年8月8日日曜日

VistaとC++Builder5

Vistaの導入とともに、開発環境を移行しようとC++ビルダー5を入れようとしました。

しかし、インストールはできるんだけど、起動時にエラーメッセージが出て停止。

どうも怪しい。

で、掲示板で過去のスレッド探してみたら、ありました。

Vistaで C++Builder5 使えるよ。 
昔作ったアプリの保守で必要になったんで、動かしてみた。 

コツは、インストールフォルダをProgram Files以下ではなく、別のローカルフォルダにすることと、 
起動ショートカットのプロパティで、「管理者権限で実行」を設定すること。 

VistaはProgram Files以下への書き込み制限が厳しいんでゲームなんかも同様の対処で 
動くようになったりする。

名無しさん、ありがとう!

早速試してみます。

マイクロソフト様。

Vistaをぼろくそ言ってごめん。

2010年3月28日日曜日

バージョン2.00

ナポレオン、バージョン2.00をどアップいたしました

加えて、1.35からいきなり導入しましたモンタージュ機能を勝敗によって変化できるようにし、絵札を取るごとにポイントが5ポイント加算されるようにしました。

今後の改善点は、絵柄をもっと可愛くすることと英語モードを導入すること、さらなるユーザーカスタマイズ機能を追加することに加え、他のトランプゲームを同じフォーマットで遊べるようにすることなどです。
しかし、機能を増やすとPCへの負荷が大きくなり、処理速度が落ちるのでその辺が気になるところです。

ところで、ナポレオンランキングで脅威のポイントを登録してくださっ方がおられます。
脅威の206575点!
作者でさえ あまり勝てないのに、凄いですね。
そこまで使い込んでくださっているとは、本当に嬉しいです。
感謝でーす!

みなさんも、オリジナル画像を取り込んで、自分だけのナポレオンを楽しんでくださいね♪

2010年3月13日土曜日

アバター機能

ナポレオンもバージョン1.35からアバター機能を付加しました。
これは、顔のパーツを組み合わせてモンタージュして作ることができます。
結構楽しいので、ぜひお試しください。
さらに今後の展開としては、ポイント付加がいまいち面白くないので、カードを獲得する度に点数を加える機能や、勝った時や負けた時のアバターがの変化なども加えたいと思っています。
中国の簡体字版を入れようと思ったのですが、C++ビルダーでは難しいようなので、どうしようかと考えています。
英語はいけるとおもうのですが、私の英語力が及ばないので、勉強しなきゃ。
元より、簡体字もぜんぜんですが。

2010年3月3日水曜日

ナポレオンのオンラインランキング機能

ナポレオンの通常版Ver1.33とVerLite1.12以降にオンラインランキング機能を付けました。

これは、PCがオンラインであれば、ゲーム最後のポイント集計時にインターネット上にあるCGIに現在のポイント数を送り、ランキング登録するものです。

ゲームでは本名を設定しておられる方もおられるでしょうから、この名前をそのまま送ることをせず、送る前にご自分でハンドルネームを入れてもらうようにしてあります。

こういう処理をしています↓。

ポイント集計時にネットワーク上のlist3.txtを読み込む試みをして、それができれば読み込む
AnsiString Url ="http://ee.uuhp.com/~yama/list3.txt";
HINTERNET hSession;
hSession = InternetOpen( "MyApp", INTERNET_OPEN_TYPE_DIRECT, NULL, NULL, 0 );
if( hSession )
{
  HINTERNET hService;
  hService = InternetOpenUrl( hSession, Url.c_str(), NULL, 0, 0, 0 );
  if(hService)
  {
    while(1)
    {
      char lpBuffer[1024+1]; //一度に読み込むバイト数
      DWORD dwBytesRead;     //読み込んだbyte数
      InternetReadFile(hService, lpBuffer, 1024, &dwBytesRead);
      if(dwBytesRead == 0) break; //読み込んだbyte数が0になったらループを抜ける
      lpBuffer[dwBytesRead] = 0; //読み込んだデータの最後に0を書き込み文字列化
      Label183->Caption=lpBuffer; //htmlに追加
    }
  }   //読み込めたらオンラインと判断しLabel183に記録。
  InternetCloseHandle(hService);
}
InternetCloseHandle(hSession);
    }


次に、Label183の記録を調べてオンライン上のlist3.txtが記録されていればオンラインと判断し、オンラインランキングボタンを表示します。

 try{
GetHttpFile3();//アップデート確認
  if(Label183->Caption!=0)Image142->Visible=true;
  else Image142->Visible=false;
  }
catch(...){}

オンラインランキングボタンが押されると、html文書を作成し、表示します。

こういうわけですの

2010年2月15日月曜日

ナポレオン1.32アップしました。

ナポレオンバージョン1.32をアップしました。
今回の大きな改良点としては、処理速度の向上があります。

以前のバージョンでは、ユーザーの解像度変更に対応するために、メインフォームのリサイズイベントでコンポーネントを再配置するコードを存在させていましたが、これはプログラム上で定期的に発生するために処理速度の低下を招いていました。

この処理をごくたまに発生する部分に移動したために本来の目的であるゲームのメインプログラムの処理速度が劇的に向上しました。

また、プログラム起動時のスプラッシュウィンドウ画像の変更設定画面、アクアボタンも追加しています。

今回、本家ナポレオンの処理速度が上がったために、ナポレオンライトの目的が半減したのを機会として、ナポレオンライトの方向性を別のものに向かわせたいと思い、今、思案中です。

また、ご要望等あれば教えてください
ご利用ありがとうございます。


2010年2月11日木曜日

ナポレオン2010に着手

やっと、ナポレオン2010に着手しました。
時間はいっぱいあるのですが、どうも心が落ち着かず、時間がかかってしまいました。
まずは、スプラッシュウィンドウ(プログラムオープン時に表示される画像)のカスタム機能の付加に取り掛かりましたが、これが早速難航。
ユーザーが選んだファイルを、ナポレオンのファイルに取り込んで保存、それを次回起動時に読み込む。
これだけのことなんですが、起動時の読み込みで保存した相対パスを取得するのがうまくいきません。
色々頭を悩ませています。
この機会に味気なかったウィンドウズボタンをエアロボタンに変更、名前変更ウィンドウのプチバグも発見しましたので、修正。
さらにデフォルトの絵札も、気にいらないものは更新したいと思っています。
最後のポイント付加時の確率変更機能も付けたいし。
やり始めると色々と出てきますね。
次期バージョンは1.32です。どうぞお楽しみに。